意外に簡単!リード付きミノムシクリップの作り方。


スポンサードリンク




意外に簡単!リード付きミノムシクリップの作り方。

自作したリード付きミノムシクリップ

理科室にある器具は種類も多いし価格も様々ですが、使用頻度が高く消耗品なのに地味に高い道具に「リード付きミノムシクリップ」があります。電気を使用する実験ではなくてはならない存在ですが、既製品を毎回買っているとあっという間に貴重な予算が削られてしまいます。

 そこで今回はリード付きミノムシクリップの作り方を紹介します。作り方を知っていれば、修理も自分で行えるようになるでしょう。

リード付きミノムシクリップの作り方。

【必要な材料と道具】

  • はんだごて
  • はんだ
  • ストリッパー
  • ニッパー
  • ミノムシクリップ
  • 配線コード

自作リード付きミノムシクリップに必要な道具

リードのついていないミノムシクリップは1個50円もしません。一度にたくさん購入すればもっと安く買うことができます。ミノムシクリップやリードとなる配線コードは専門店やホームセンターで購入可能ですが、実は車載パーツを売ってる店でも手に入りやすいものです。

まず配線コードをニッパーで切断します。

配線コードの切断

次に切断した配線コードの先端15mmくらいの皮膜を取ってしまいます。皮膜を取るときもニッパーでできますが、ストリッパーを用意しているとこの作業がとても楽になります。ニッパーもストリッパーも100円ショップで売っているのでオススメです。

ストリッパーで皮膜の除去

次に、ミノムシクリップの皮膜を剝がします。少し力が必要ですが、ミノムシクリップ同士を挟んで引っ張ると取りやすくなります。

ミノムシクリップの皮膜の分離

裸になったミノムシクリップはこんなカンジです。

皮膜と分離したミノムシクリップ

ミノムシクリップの皮膜は先に配線コードに先に入れておきましょう。これをうっかり忘れると、あとで大変めんどなことになります。

ミノムシクリップの皮膜の位置

配線コードの先をミノムシクリップの穴に内側から通します。

ミノムシクリップと配線の接続

そして、穴をはんだ付けして固定します。

ミノムシクリップと配線を半田付け

写真のはんだ付けは・・・正直ヘタクソですね。けれど一応コレで大丈夫です。

最後に皮膜をミノムシクリップに被せます。

ミノムシクリップに皮膜を被せる。

これで完成ですね!

自作したリード付きミノムシクリップ

 

あとがき。

リード付きミノムシクリップは一度作り方を覚えてしまうととても管理しやすい実験器具です。電気系の実験はよく使うだけに、作り方を身につけておくと何かと便利ですし、安上がりで済むようになります。オススメです☆

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。


スポンサードリンク


※Facebookページ応援よろしくお願いします!

Print Friendly, PDF & Email

1 Comment

  • m.kobayashi より:

    下から3番目の写真の段階では,割り箸にかませてやると,ハンダしやすいですよ。

コメントを残す