3色変化!色の変わる焼きそばを作ってみよう。


スポンサードリンク




3色変化!色の変わる焼きそばを作ってみよう。

 色の変わる焼きそば

理科の実験、特に食べることのできる料理系の実験が好きな著者。この前、スーパーに行ったら偶然焼きそばの麺が安かったので、「色が変わる焼きそば」を作ってみました。

色の変わる実験といえば、pHか炎色反応のどちらかを利用している場合が多いですが、特にpHの実験(酸とアルカリ)は身近な物で簡単に実験ができるのでオススメです。夏の自由研究でやっても面白いですよ!

さっそく道具を準備して、やってみよう! 

材料の準備を準備しよう!

【必要な材料と道具】

  • かん水入り中華麺
  • 食用色素紫
  • カレー粉
  • ウスターソース
  • 肉・野菜:適量
  • 包丁
  • まな板
  • フライパン

まず一番重要なのは、中華麺です。

安っぽい中華麺

色の変わる焼きそばは、安い焼きそばほどやりやすいのです。中華麺といっても、どれでもできるわけではなくて「かん水」あり「pH調整剤」なしであることがポイント。

かん水入り中華麺

「かん水」とは、アルカリ塩水溶液のことです。簡単に言えば「アルカリ性の水」のことです。ちなみにアルカリ塩の主成分は「炭酸ナトリウムNa2CO3」。

次に大事なのは、調味料。

焼きそばの色を変える調味料

左から順に、「食用色素紫」「カレー粉」「ウスターソース」。この中で、一番珍しいのは「食用色素紫」でしょう。お菓子のマカロンなどを作る人は、ネットかお菓子専門店で買うようです。代用としてムラサキキャベツやムラサキイモでもできますが、食用色素紫が手軽で簡単です(知る人ぞ知る「私の台所」シリーズです)。

食用色素紫や紫キャベツに含まれる「アントシアニン」とそして、カレー粉に含まれるターメリック(※ウコンのこと)の成分「クルクミン」、この2種類の物質が焼きそばの色を変えます。これらはpHによって色が変わるのです。

 

作り方は超簡単。炒めながら混ぜるだけ!

では、作ってみましょう!

まず、中華麺をゆでます。生麺なら、さっとゆでる程度で大丈夫です。わざわざ鍋使わなくても、フライパンに水張って加熱すれば、すぐに水が沸騰しますし、片付けも楽になって一石二鳥です。

ゆでた麺はこんな色をしています。

ゆでた中華麺

次に、水を拭き取ったフライパンに油を引いて炒めます。初めて作る場合には、弱火にしておくと良いでしょう。

さて、ここでまず「食用色素紫(アントシアニン)」を入れます。少量でもとても色が染まるのでホントにちょびっとパッパとかけちゃってください。

紫色色素

すると、こうなります。

青い焼きそば

食欲の失せる色ですね(苦笑

食用色素はですが、麺にかけて混ぜると麺がくなります。中華麺のかん水がアルカリ性なので、色が青に変わるのです。一見すごく不味そうですが、ただの食用色素なので味は特にありません。

ちなみに、メーカーによってかん水の量が違うので、さらに強いアルカリ性だと、緑色になることもあります。

さぁ、この気色悪い色に今度は「カレー粉(ターメリックのクルクミン)」をかけます。まぁ、スプーン2杯くらいかけてみましょう。

赤い焼きそば

真っ赤になります!(若干一部まだ青色が残っていますが)

とても辛そうにみえるけれど、カレー粉自体はそんなに入れてないので、そこまで辛くはありません。

ターメリックはアルカリ性が強いほど、赤っぽいようなオレンジっぽいような色になります。最初の食用色素よりカレー粉を多く入れておけばほぼ全体の色が赤っぽくなります。ちなみに、この状態はカレー味です。

最後にウスターソースで味つけます。大さじ1〜2くらいかけてみましょう。

黄色い焼きそば

黄色くなりました!

ターメリックはpHの値が小さくなる(酸性になる)と赤から黄色に色が変化します。ウスターソースに含まれる食酢CH3COOHによってかん水が中和されるのです。

 

完成!

肉や野菜はお好みでトッピングしましょう。これで焼きそばの完成です。

色の変わる焼きそば

「色の変わる焼きそば」は完成すると味も見た目も普通の焼きそばです。使った食用色素紫は味がしないので調味料は事実上カレー粉とウスターソースのみ。素朴な焼きそばになります。

 

あとがき

「理科の実験実験」という敷居が高そうに感じるかもしれませんが、家にある調味料でも結構いろいろできることがあります。今回の焼きそばも、別に食用色素紫なくても作れるので赤色と黄色だけでもやってみると面白いです。もしよかったらぜひおうちでやってみてくださいね!

 

参考文献

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。


スポンサードリンク


※Facebookページ応援よろしくお願いします!

コメントを残す