実は2種類!?学校のチョークの見分け方。


スポンサードリンク




実は2種類!?学校のチョークの見分け方。

チョーク

今学校に通っている人も、随分昔に通っていた人も、老若男女みんなお世話になっている学校のチョーク。実は学校で使用されているチョークは2種類あるって知ってました? 今回は、この2種類のチョークを見分ける実験をしてみました。

あなたの学校はどっちのチョーク?

多くの学校で使用されているチョークは2種類あります。一つは「炭酸カルシウムCaCO3」でできたチョークです。もう一つは「硫酸カルシウムCaSO4」でできたチョークです。炭酸カルシウムは貝殻や卵の殻の主成分、硫酸カルシウムは石膏(せっこう)の主成分です。

あなたの学校のチョークはどちらでしょうか? パッケージを見れば一目瞭然ですが、あえて答えに走らず、科学的に調べてみるのも面白いでしょう。

 

1.持ってみよう!

手に取ってみると、重さが断然違います。炭酸カルシウムでできたチョークの方が重いです。

 

2.水に入れてみよう!

2種類のチョークをそれぞれ水の入っているビーカーに入れて見ましょう。すると様子が異なります。

硫酸カルシウムのチョークはいったん水に浮いてから、そのままの形でゆっくりと沈んでいきます。ところが炭酸カルシウムのチョークはすぐに下に沈みます。

炭酸カルシウムのチョークは沈み、硫酸カルシウムのチョークは浮く。

しかも!炭酸カルシウムは粒子がばらばらになっしまいます。

バラバラになった炭酸マグネシウムのチョーク 

3.塩酸に入れてみよう!

2種類のチョークをそれぞれ塩酸の入っているビーカーに入れてみましょう。

硫酸カルシウムのチョークに変化はありません。

硫酸カルシウムを塩酸に入れた様子

ところが炭酸カルシウムのチョークは塩酸に入れた瞬間に、塩酸と反応を始め気体が発生してチョークが溶けていきます!!

炭酸カルシウムを塩酸に入れた様子

4.ガスバーナーの火で焼いてみよう!

2種類のチョークをそれぞれガスバーナーの火で焼いてみましょう。このときヤケドに注意しましょう。

硫酸カルシウムのチョークは変化がありません。しかし、炭酸カルシウムのチョークはチョークが焦げ、貝を焼いた時の臭いが発生します。

 IMG_2435

あとがき

1~4の実験で、チョークの物質の違いがはっきり分かります。塩酸との反応やガスバーナーで焼くことにより、一方が炭酸カルシウムでできたチョークであるという確認ができます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。


スポンサードリンク


※Facebookページ応援よろしくお願いします!

Print Friendly, PDF & Email

この記事を書いた人

hiroe
この人が書いた最近の記事

コメントを残す